Netskope(ネットスコープ)

社内のクラウドサービス利用
監視ツール登場

社員が自由に使えるクラウドサービス
情報漏えいのリスク管理はできていますか?

意外と簡単に起こる情報漏えいの怖さ

マルウェアに感染

利用しているクラウドサービスがデータを外部に漏えいさせるマルウェアなどに感染していると、重要データが悪意ある第三者の手にわたってしまう恐れが!

ファイル権限の設定ミス

クラウドストレージ上のファイル権限の設定ミスで、社内の機密情報が公に!

私物PCへデータの無断持ち出し

会社の有線LANに接続し、私物のPCに社内の営業情報、製品情報などのファイルをごっそり持っていってしまうことも!

そろそろしっかりCASBを考えませんか?

CASBとは「Cloud Access Security Broker」の頭文字を取ったもので、企業におけるクラウドサービス利用が進む中で、従業員のクラウドサービス利用をコントロールするための企業向けサービスの総称を指します。
米国の調査会社ガートナー社が2012年に提唱した考え方で、クラウドサービスとユーザーとの間にあって、企業のセキュリティポリシーの徹底と利用監視能力を強化するシャドーIT対策のソリューションとして提供されており、同社によると2018年度の市場規模は4億ドル、国内でも2兆円にのぼるといわれています。

Netskopeなら
高度な情報セキュリティ対策を実現

米国でトップクラスの導入実績を誇る「Netskope」は、以下の特長を有しています。
企業はNetskopeの導入により、クラウドサービス利用の把握・追跡・制御ができ、クラウドサービスの利便性を担保したまま、安全に活用するためのセキュリティ対策を講じることができます。

情報漏えいを防止

先進のエンタープライズDLPにより、利用クラウド上の機密情報をスキャン。機密情報の非認可クラウドサービスへのアップロードなどによる、情報漏えい事故の防止を図ります。

ウィルスの脅威に対する保護

従業員が訪問している可能性のある悪質なサービスを特定し遮断。またウィルス感染ファイルを検出してブロックします。

多様なクラウドサービスに対応

許可及び無許可のクラウドサービス、IaaS、PaaSに対し、ブロック/アラート/バイパス/暗号化/検疫/コーチなどの制御が可能です。

Microsoft Office 365 OneDrive、Box、Googleドライブ、Dropboxなど連携アプリケーションに存在する機密データをスキャン。
先進のエンタープライズDLPにより、許可及び無許可/モバイルも含むアプリからのデータ漏洩を防止します。

導入のご相談・資料請求はこちらからお気軽にどうぞ

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ・ご相談も
受け付けております。

資料請求

サービスの概要資料などを郵送にて
ご送付いたします。

資料請求

管理生に優れた
効率的なインターフェイスを導入

クラウドアクセスの
利用実績推移
企業内の利用状況

7/6
(木)
第2回 サービス概要説明セミナー開催

クラウド活用の為のセキュリティ対策
~クラウドファースト時代のCASBの必要性とは~

日時 2017年7月6日(木) 15:00~17:00(受付開始 14:30)
会場 インフォコム株式会社 原宿本社 5階セミナールーム (東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル5階)
会費 無料
定員 30名
アクセス
  • 地下鉄副都心線「北参道」駅    徒歩5分
  • JR山手線「原宿」駅        徒歩8分
  • 地下鉄千代田線「明治神宮前」駅  徒歩9分
  • 都営バス「千駄ヶ谷小学校前」   徒歩1分

このセミナーは終了いたしました。

導入のご相談・資料請求はこちらからお気軽にどうぞ

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ・ご相談も
受け付けております。

資料請求

サービスの概要資料などを郵送にて
ご送付いたします。

資料請求